本文へスキップ

レムリアのヒーリング&アチューメント 

お問い合わせメール 
アチューメント休止中

レムリアの発祥と神殿real estate

レムリア文明の発祥

それではレムリアの発祥についてお話をいたします。

レムリアという世界は、この地球の中で栄えた文明の一つでありますが、決して最古の文明というわけではありません。

しかしながら、皆さんが人として認識できる文明の形においては、最古のものかもしれませんし、みなさんのスピリットのルーツになっていることは間違いのないことです。

 

このレムリアが作られるとき、多くの文明が進んでいる星々の間で、地球の文明の進化について会議がありました。

そしていくつかの星の人たちが、この地球に降り立ち、それぞれの特徴を生かした文化を育てること。

そして、それらの星の文化の統合を図るために、新しいタイプのスピリットと、この地球上で生きていける人間のタイプを作ることとなりました。

おもに、それらの活動を行う場所が神殿と呼ばれています。

星の人たちは、まず肉体をもって生まれてきたわけではありません

この地球が、人間のようなタイプの生命体を生み出すためにはとても長い時間を必要とするからです

それぞれの星の人は、地球のスピリチュアル界や海または空に生息する生命たちに姿を変え、地球の進化を見まもりました

そしてやがて長い時期が過ぎ、地球に意識のある生命が誕生し、進化を遂げる段階になると

星の人たちは、この地上に降りてきました。


4つの神殿の特質

この地上には4つの神殿がまず作られました。

みなさんの言葉でいうと風の神殿 火の神殿、土の神殿、水の神殿などです。

 

これらの神殿には、それぞれの異なる星の人たちが降り立ち、それぞれ独自のやり方で、文明を進化させました。

たとえば、水の神殿は、人々を癒し、この地球との生命バランスをとる仕事を担当しました。

多くの進化途中の人たちがその心と魂を癒し、最適な進化状況を迎えるために、この神殿によって癒されました。

 

水の神殿が主に使用した技術は、みなさんの言葉でいうとヒーリングということです。

直接、人の体に手を当てて疲労したエネルギーや肉体を癒したり、マントラや祈りの言葉を使用することもあります。

また遠く離れている人のところに、アストラルトラベルによって出向き治療することもありますし、ただエネルギーだけを送るヒーリングのやり方もありました。

今皆さんが行っている各種のヒーリングのやりかたは、すでにこの時代に行われていたものでした

 

土の神殿は、主にこの地球の文明をしっかりと育てるために、建築や農業、工業の技術の発展を目指したところです。

地球に生きる人たちが快適に進化できるように、ほかの星から様々な技術をもたらし、神殿や家を作ったり、安定した食料を生産するための農業や文化を発展させるための工業技術をもたらし、地球の文化の発展に寄与しました

火の神殿は人々の精神や肉体の進化に携わりました。
宗教的な概念を発展させたり、祈りや儀式を通じて人々の精神的な進化に寄与し、地球の人と星の人が一つに交わり、新しい地球の人類を作り上げる働きをしました。

特に、人々の進化を促進するために、人のエーテル体にあるDNA情報を活性化させることも、この時代に行われていたようです

 

風の神殿は、情報伝達の技術に大変優れ、人と人、人と星の人の間のコミュニケーションをとる働きをしました。

自由に飛翔できるライトボディを持ち、どこにでも自由に行くことができます。この文明の進化の具合をみまもりよく神からの使いという形で、人々に掲示を与えてきました。

 


神殿の統合 生命の神殿 月の神殿・太陽の神殿

これらの神殿は、独自の性質と働きを持っていますが、お互いのコミュニケーションをとり、より文明が統合された形で成長するために、各神殿は、他の神殿へ優秀な神官を複数派遣しました。
そうすることで一つの神殿のなかに他の神殿の神官も存在しすべての部門が一つの神殿の中で行えるようになったのです。

 

たとえば土の神殿の中にも、人々を癒す「水の神殿」の神官がおり、人々の意識進化を進める「火の神殿」の神官がおり、情報伝達に長けた「風の神殿」の神官もいるといった具合です。

若い神官たちは、自らの神殿のメインの働きだけでなく、他の神殿の神官たちからも学び、様々な能力を開花させていきました。

 

そしてこの4つの神殿の優秀な神官たちが集められて、5番目の神殿「生命の神殿」が形作られ、レムリアを統一性のある文明として導いていったのです。

そのほかにも、「月の神殿」「太陽の神殿」など目的に合わせた神殿が形作られています。


今これらの多くの神殿は、この地球上においてはその力を失い、十分な機能をはたしていません。

しかしながら、みなさんのスピリチュアル界にはそのひな形はまだ残っていますし、レムリア時代から、アトランティスの時代にかけて、この地上からスピリットの世界の存在に姿を変えていった聖なる存在達の中には、まだその英知を保持しているものもいるようです。