本文へスキップ

レムリアのヒーリング&アチューメント 

お問い合わせメール 
アチューメント休止中

レムリアの神聖さと愛detail

「レムリアの神聖さと愛」アチューメント

レムリアの神聖さと愛のアチューメント 各5,000円です
一般アチューメントですので、TAKESHIからアチューメントを受けた人は他の方へもアチューメントできますし、その方も他の方へアチューメントできます。ムリアの神聖さと愛 第2ステージのアチューメント

★アーネストー覚醒の扉  5000円


「アーネスト―覚醒の扉」は仏陀様が降ろした光りです。
このアチューメントは、皆さんの心と魂を自由にすると共に、あなたの真実の姿に目覚めさせます。
皆さんがとらわれているカルマやトラウマという考え方を捨て、それらから影響を受けることがないようにします。
そうすることで、皆さんは、自分自身の本質に目覚めると共に、自分の能力を高め、本来の生き方を実践することができるようになります。それは、あなたの光の遺伝子を目覚めさせ、新しい世界へと誘います。

アーネスト(覚醒した意識)への道 カルマからの解放


それではみなさんカルマのことについて少しお話をいたしましょう
皆さんがカルマと思っていらっしゃる現象について、私はこのように語りたいとおもいます。カルマは皆さんの心や魂が、様々な学びを行うために、自分自身に対して行った足枷のようなものです。

皆さんは自分の人生に多くのトラブルを持ち込み、そのトラブルを解決することによって学びを得ています。
皆さんにとって、カルマは、皆さんの中の問題をはっきりと際立たせ解決していくための指標となります。
そのような意味においてカルマは決して不要なものではないのですが、あなた方の意識がカルマにフォカスされ、カルマにとらわれ過ぎると、あなたは自分の魂の学びよりも、カルマのネガティブな側面ばかりに気を取られてしまいます。
そしてそのうちに、自分の不幸やトラブルの原因がすべて過去生からのカルマのせいであるかのように思い込み始めるのです。

そうなるとあなたは、自らの魂を鍛え成長させるという事よりも、まるでドラマのヒロインを演じる女優であるかのごとくふるまってしまうのです。
あなたにとってカルマはとても大きな存在となり、カルマを浄化するための果てしない旅に出てしまいます。
カルマ浄化という言葉に心ときめく人達は、とても純粋な魂を持っている方たちばかりです。
しかしながら、カルマは追いかければ追いかけるほど、新しく生まれてきます。
まるでカルマを浄化し続けることが目的であるように、カルマ探しのゲームが始まるのです。

私は、そのような人達に対して、カルマ探しの旅を止めることをお勧めしています。
カルマ探しをする人は、もし自分があることに失敗したとすれば、その原因を過去生からのカルマに求めます。
「過去でも同じような失敗をしたから今世でも繰り返すのは当たり前だ」とか、特定の人を見つけて、「あの人との間にカルマがあったから、今回の件は失敗したんだ」などと、自分のミスや準備不足のために失敗したこともすべてカルマのせいにしてしまい、自分の失敗をふりかえることなく、カルマ退治に走るのです。
これでは自分自身が成長することもできません。

またカルマ探しをする人は、容易に人からコントロールされてしまうこともあります。
このカルマが原因で結婚できないとか幸せになれないなどと言われたら、とても気になって、カルマ解除のために多額のお金を支払ったり、加持祈祷をお願いするのも、このような人たちです。
宗教家や政治家たちは、あなたのこのような心理を巧みに利用して、あなたをコントロールして組織の一員に仕立て上げ、あなたから多くのことを奪おうとします。
お金や時間、あなたの誠意や労力もその対象となります。

あなたの魂を、カルマから自由にするためには、まずあなたが、カルマの意味を知ることです。
カルマは本来何の実態も持ちません。
カルマの幻想から自由になれば、カルマなど存在しないということに気づきます。
あるのは、ただあなたの感情です。
自分の失敗や不幸な境遇を自ら解決することなく、カルマに責任を転嫁してしまう心です。

あなたがもし、自分のカルマをすべて手放したいと考えるならば、あなたは初めて、自分の魂の自由を生き始めることになります。
自分の人生のすべての責任と豊かさを、自分自身で担ってください。そこからあなたの魂の偉大な学びが始まります。

もしあなたが、カルマがすべて解除されたしるしがほしいというなら、与えましょう。
あなたの魂に、「カルマからの解放」という印を刻みましょう。
あなたがこれ以上カルマの海で迷わないように。


次に輪廻転生について語りましょう。
かつて、仏陀は、人生が何度も繰り返され、人は生まれ変わることによって幾多もの人生や学びを体験することを伝えてまいりました。
それは本来、人間は、その魂の記憶の中にいくつもの人生や人生以前の転生の記憶をとどめておくことが可能であり、そうすることによって、幅広くまた深みのある学びを行う事が可能であったからです。
決して、今世の生き方によって来世の身分が決まるとか、今の自分が貧しいのは過去生で立派な生き方をしなかったからなどという事とは無縁です。
まずこの宇宙の価値観は、人間の価値観とは異なります。
人間にとって「良い行い」と考えられるものであってもそうでない場合もあります。
また今回の人生の結果によって来世の身分や生活環境が決まるということもありません。

ただ、もし来世があるとすれば、今世のあなたが身につけた考え方や経験が、その人生に影響を及ぼすことは、少しばかりはあるかもしれません。
あなたが今世を終わるとき、何の反省も学びもなく終わるとすれば、次の世でも同じような人生を繰り返す可能性はあるかもしれません。
しかしそれは、輪廻転生の法則が決めているのではなく、あなたの魂が無意識的に同じ人生を繰り返しているにすぎないのです。

あなたの魂やスピリット体は、多くのことを学び体験する為にこの地上に降りてきます。
もしくは多くの人達の人生を見るために、人として生まれてきます。
この人生で何を体験し、何を学ぶかはすべて、自分が決めているのです。
生まれ変わるのか、生まれ変わらないのかということも自分で決めているのです。
もちろんスピリット世界にもルールはあるでしょう。
あなたが生まれ変わるのにもルールはあります。
ただしそのルールは、今世行った事によって、来世どのような人生を送るのかということを決定するものではありません。

しかし人の世界においては、そのようなルールが意図的に作られています。
それは、無秩序な人の心を統制し、この社会に規約や階層という秩序をもたらすことが目的だったからです。
この何千年もの間、人の魂は生育過程にありました。
人の心に多くの制約を行う事で、人の心を統制し育てる必要があったからです。
人の心に便宜的に、罪や罰という考え方を受え付け、自分の行いはすべて自分に返ってくるから、常によき行いを行うように、条件づける必要があったからです。

この考え方は、人の心を統治し支配するのに大変役に立ちました。
本来のブッダの教えがどうであったかという事よりも、様々な宗教や政治組織を運営して行く場合にはなくてはならない考え方になりました。

しかしこれからの時代、皆さんの魂は、もっと真実を生きていく必要があります。
この何千年の間、正しかった事であっても、皆さんの魂が大きく成長し新しい時代に入る時には、不要になる考え方もあります。

これからの時代には、魂は自分に内在する知恵と宇宙の大いなる意識とつながっていきます。

その時この輪廻転生という考え方も必要でなくなります。
自らのスピリット(魂よりもさらに上位の存在)は、自らと宇宙の意思によって、自らの人生やスピリットの存在する場所や環境を決めることができます。

もちろん多くの人の魂は、これからも、輪廻転生の法則を自らの意思で生きていくかもしれませんが、あなたの魂とスピリットは、これから輪廻転生の法則からも解放されて行きます。
そしてこの社会を保持するために作られている多くの慣習や規律からもあなたは自由になります。
あなたの魂と心のマスターは、あなたしかいないということをあなたは知るときが来たのです。

誰もあなたの心や魂を支配することはできません。
あなたは他人や他の存在に、自らの人生や人生の決断をゆだねる必要もなくなります。
これからの時代、あなたがあなた自身のマスターであり続けなければならないのです。